血行を促進すると薄毛に良いのか

育毛剤の広告を見ると必ずと言っていいほど書いてあるのが「血行促進」です。

血行を促進すると毛根に栄養が届き髪の成長が良くなるイメージがあります。

しかし、薄毛のメカニズムがわかったことで、血行促進は逆に薄毛を促進することが明らかになっています。

なぜ薄毛を促進するのか

男性薄毛(aga)は、悪玉男性ホルモンが毛根に作用すると髪の成長が邪魔されて薄毛になります。

血行が良くなると毛根に届く悪玉男性ホルモンの量が多くなるため、髪の成長が余計に邪魔され、薄毛の進行が加速します。

このことは実験で確認されています。

「戦前、頭皮に向かう血管を縛ってしまう実験も行われました。太い血管を全部縛っても、細い血管は繋がっているので、頭皮が腐ったりはしないんです。実験の結果、血行を悪くした人の70%くらいの人に髪が増えるという結果が見られました。

ただし、半年くらいすると元に戻ってしまったんです。血管のバイパスがまた太くなり、頭皮に行く血流が供給されて再びハゲる。結局、その治療法は良くないという結論になったんです」

頭皮の血行を良くすると逆にハゲる!叩いたり揉んだりはダメ

薄毛を治すのなら血行促進ではなく、悪玉男性ホルモンを抑える対策と取りましょう。

その対策はAGAクリニックで行っています。

治療方法を説明するAGAクリニックの無料カウンセリングに行ってみてください。

↓ このページにAGAクリニックや薄毛治療についてまとめています。

【必見】薄毛治療におすすめの病院ランキング

無料カウンセリングのあるAGAクリニックのまとめ

サブコンテンツ

このページの先頭へ