タバコを吸うと薄毛になるのか

タバコを吸うと確実に薄毛になるわけではありませんが、薄毛のリスクを高めます。

これは海外の大学の調査によって明らかになっています。

ハーバード大学公衆衛生学部の調査によれば、喫煙によって男性ホルモンの量が10%~30%増加したということがわかりました。

これはアメリカの中年男性およそ1200人を対象に、タバコを吸う人と吸わない人の男性ホルモンの量を調査したものです。

その結果、タバコを吸う人は吸わない人に比べ、一般的な男性ホルモンであるテストステロンは9%、強い脱毛作用を持ち、薄毛の直接の原因でもあるDHT(ジヒドロテストステロン)は13%増加していたのです。

喫煙者はハゲやすい? – 東京AGAアールズクリニック

悪玉男性ホルモンのDHTには髪の成長を邪魔する働きがあります。DHTが増えると成長を邪魔される髪が増えるため薄毛が進行します。

タバコを吸ってDHTが増えれば薄毛も進行しやすくなるのです。

禁煙すればハゲは治る?

今はタバコを吸っているけどタバコをやめれば薄毛の進行が止まり治っていくのでしょうか?

これは人によります。タバコによって薄毛になるほどDHTが増えているのなら禁煙すれば髪も増えるでしょう。

ただ、薄毛になる人はタバコが主原因ではなく、もともとDHTが多かったり毛根がDHTの影響を受けやすいことが原因であることがほとんどです。タバコをやめても薄毛が治ることはまずありません。

薄毛を治したいのなら薄毛治療の病院に行ってDHTを抑える薬(プロペシア、ミノキシジル)をもらいましょう。

薄毛治療の病院では無料カウンセリングもやっているのでタバコの影響についても聞いてみると良いでしょう。

↓ このページにAGAクリニックや薄毛治療についてまとめています。

【必見】薄毛治療におすすめの病院ランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ